建物の劣化

マンションの劣化のチェックポイント

マンションの劣化はこんなにあります

竣工当初ピカピカだったマンションも年月が経過するに従い徐々に傷みが出てきます。マンションをより長く、資産価値を保ち続けるには、日ごろのチェックとメンテナンスが大切です。こちらではマンションで特に劣化しやすい部位の劣化状態一例を取り上げてみましたのでご覧下さい。


ひび割れ・錆汁発生

ひび割れ・錆汁発生

ひび割れ等からコンクリート中に雨水が浸入します。内部鉄筋を腐食し錆汁が発生します。

鉄筋爆裂

鉄筋爆裂

クラック、目地などから雨水等が浸入し、内部鉄筋が腐食して爆裂が発生します。

モルタル浮き

モルタル浮き

モルタルの浮きは、放置していると落下してしまう可能性もあります。


漏水

漏水

防水機能が低下したバルコニー面のクラックから雨水が浸入し、漏水が発生します。

塗膜剥れ

塗膜剥れ

経年劣化による塗膜付着力低下が起こり塗膜剥れが発生します。

外壁コーキング劣化

外壁コーキング劣化

外壁、バルコニーなどは、紫外線でコーキング硬化、ひび割れが発生し易い所です。


ルーフィング膨れ

ルーフィング膨れ

防水層と下地コンクリート間に空気の層ができ膨れが発生します。

ルーフィング剥れ

ルーフィング剥れ

防水層は風雨・紫外線・寒暖の差など経年劣化が進むと、破断し剥れていきます。

タイル浮き・剥離

タイル浮き・剥離

タイル、下地モルタル、躯体の間に浮きが生じ、剥離落下が発生する場合があります。


タイル欠損

タイル欠損

外壁タイルにひびが入ると、雨水が浸入し、雨漏りや躯体の劣化の原因となります。

塗膜面の白亜化

塗膜面の白亜化

鉄金属の塗膜面が紫外線で劣化し、粉末状になります。触れると白く移ってしまいます。

金属部分の錆

金属部分の錆

鉄部各所から発生した錆が、美観を損う上に劣化も進みます。


Copyright© Ruxy Inc. All Rights Reserved.